テレワーク・オンライン授業用WiFiルーターについて
新型コロナウィルスの第二波が懸念される中、テレワークを検討する企業やオンライン授業を考える学校が多くあるかと思います。
当サイトでは各種レンタルWiFiルータ-の法人契約・大口契約のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

クラウドSIMWiFiルーターについて
どんなときもwifiに対する行政指導を受けて、パケット無制限を謳うクラウドSIMWiFiルーターのパケット上限明記の動きが進んでいます。 ご契約前に注意事項を一読してください。

記事全文

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
縛りありWiFi

クラウドSIM「それがだいじWiFi」新プランリリース…月間150GB保証が今後のスタンダードか?

2020年7月22日追記

それがだいじWiFiの月間パケット上限が150GB から100GBへ変更となります。

7月31日15時以降の申込に適用となります。

それがだいじWiFi、月間150GB保証から100GB保証へ変更。8月1日から それがだいじWiFiを運営するソリューションネットワーク株式会社(福岡県)は、同wifiルーターの公式サイトで、月間使用可能デー...

ソリューションネットワーク株式会社(福岡市)は2020年6月18日、同社が運営する「それがだいじWiFi」の新料金プランをリリースしました。

それがだいじWiFiの新料金プランは「クラウドSIM」技術を用いたWiFiルーターサービスとなっており、月額3,250円で月間150GB使用可能です。

契約期間は2年間、期間内の解約違約金は更新月の25か月目は無料ですが、それ以外は一律9,500円となっています。

【公式】それがだいじWi-Fi

ついに公表されたクラウドSIMWiFiルーター月間上限「150GB」

当サイトでは「どんなときもwifi」をはじめ、多くのクラウドSIMWiFiルーターについて取り上げてきました。

2020年3月末の通信障害で月間150GBの通信上限を設けた限界突破wifi以外の多くのクラウドSIMWiFiルーターサービスは、現在に至るまで「パケット無制限」や「3キャリアのうち最も繋がりやすい回線で通信ができるトリプルキャリア対応」を謳っています。

しかし

※他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。

という注釈があり、この大容量通信の通信の定義が明確化されていなかいことで、運営側の都合で速度制限をかけられるパターンがほとんどでした。

暗に示されていた月間パケット上限150GB

最近では、BBNWi-FiやギガWi-Fiでも「パケット無制限」としながらも月間150GB以上の通信で制限がかかることがTwitter上で報告されています。

トリプルキャリア対応の真偽は不明のまま

また、実際にはクラウドSIMサーバー上に格納されているSIMカードについては再販型ソフトバンクSIMカードがほとんどということも判明しており、他はMVNOのSIMカードが挿入されていると思われます。

決して「その場所で最も電波状態のいい回線」に繋がるわけではありません。

これら2点については、景品表示法に抵触する可能性がありますが、消費者庁からの返答はありません。

また、月間パケット上限については、重要事項説明書に上記「大容量通信による速度制限」の旨に同意して契約しているため、本来であればユーザーは速度制限をかけられても意見は出来ないという不利な構造があります。

パケット無制限WiFiルーターの「パケット上限」について考える。著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信はどれくらい? 2020年7月18日追記 株式会社グッドラックが運営する「どんなときもwifi」に対する行政指導について、グッドラックから...

それがだいじWiFiが月間パケット上限に明記

そんな中、それがだいじWiFiの新料金プランでは、「月間パケット150GB保証」と明記してあります。

個人的には、本来であればこれがクラウドSIMWiFiルーターを販売する上で最も正攻法な記載だと考えています。

限界突破wifiでは、月間パケット上限150GBを明記してから

「制限をかけた後は、1日の契約数が3倍ぐらいに伸びている」

引用:ITMedia

としており、ユーザーの安心感やサービスの信頼性を高めた結果となりました。

ドコモユーザーは「dカード GOLD」がお得!

  • 毎月のケータイ・ドコモ光のご利用料金の《10%ポイント還元》
  • 年会費は10,000円(税抜)分も十分ポイントでカバーできる!
  • 年会費無料のdカードよりもdカード GOLDの方がお得!

dカード GOLD

しかし、依然として新規受付は6月18日時点では停止しています。

一方では文教大学に1200台の限界突破wifiを納品していることも判明しており、販売対象を個人ではなく企業に切り替えてきている印象です。

それがだいじWi-Fiの打ち出した「月間パケット上限150GB」は限界突破wifiに倣ってユーザーの信頼を得ることが出来るでしょう。 

それがだいじWi-Fiはお得なのか

月間150GBで3280円ということは、データ単価は1GBあたり21.6円という計算となります。

再販型ソフトバンクSIMレンタルサービス最大手のフジワイファイ(株式会社レグルス)が提供する「フジシム」は2020年6月15日付けで200GBSIMプランの廃止を決定、6月17日に7月上旬からの既存プランの値上げを発表しました。

再販型ソフトバンクSIMは供給価格が高騰している影響だと考えられます。

これを踏まえて、月間150GB使用できるそれがだいじWiFiのデータ単価が安いかどうか、他サービスと比較してみます。

サービス名月間容量月額データ単価
LIBMO
※24歳以下限定
30GB(1枚)
150GB(5枚)
2,508円
12,540円
83.6円
DTI SIM42GB(1枚)
※1.4GB/日
168GB(4枚)
2,420円
9,680円
57.6円
イオンモバイル50GB(1枚)
150GB(3枚)
9,328円
27,984円
186.56円
限界突破wifi150GB3,500円23.3円
フジシム50GB50GB2,980円29.8円
フジシム100GB100GB2,480円49.6円
フジシム100GB(1枚)&
50(1枚)
5,460円36.4円
それがだいじWi-Fi150GB3,250円21.6円

このようになっています。

SIMカード単体でのレンタルはFS030WのようなモバイルWiFiルーターもしくはスマートフォンなどの通信端末が必要です。

初期費用としてはそれらの準備費用が加算されます。

こうしてみると、やはり月間150GBの制限があるといっても、決して高い金額ではないことが分かります。

WiMAXに関してはUQWiMAXで3,880円、初期費用18,000円(契約手数慮+端末代金)、3日/10GB以上で速度制限がかかることを考えると、特に夜間の時間帯に使うのであればそれがだいじWiFiの方がお得に使えるでしょう。

※WiMAXに関しては、3日/10GB制限がありますが、日中の時間は速度制限の対象にはなりません。

【知ってた?】WiMAXの3日/10GB制限…実は6時1分~17時59分の間は低速化しない 「WiMAXは3日/10GB以上使うと通信制限がかかる」 というのは、既に周知の事実だと思います。 実際のところは「...

それがだいじWiFi契約時の注意点(デメリット)

一見、違約金も一律9,500円とこの界隈では安価で、且つ月間150GBまで使える保証がついているという点で非常にお得感があるように思いますが、一方でデメリットも存在します。

端末代金が月額800円かかるため中途解約時に清算が必要

月額3250円というのには実はちょっと裏があります。


\日割計算あり!/

|3,380円/月|1日10GBまで使用可

【公式】どこよりもWiFi

<料金形態の詳細>

1-2年目

基本用料5,980円
ルーター端末代金800円(24回払い)
2年割Ⅰ▲3,530円
合計3,250円

3年目以降

基本用料5,980円
ルーター端末代金0円
2年割Ⅱ▲2,730円
合計3,250円

 

このように、2年契約をしている関係上、それに関する割引が発生し、3,250円となっています。

この割引の中に端末費用月額800円の割引も含まれており、25か月目以降は帳尻合わせに割引額が800円減額となっています。

仮に24か月以内に解約したい場合、解約違約金9,500円に加えて、端末残債の支払い義務が生じます。

違約金早見表(タップして展開)
端末残債違約金支払合計
1か月目19200950028700
2か月目18400950027900
3か月目17600950027100
4か月目16800950026300
5か月目16000950025500
6か月目15200950024700
7か月目14400950023900
8か月目13600950023100
9か月目12800950022300
10か月目12000950021500
11か月目11200950020700
12か月目10400950019900
13か月目9600950019100
14か月目8800950018300
15か月目8000950017500
16か月目7200950016700
17か月目6400950015900
18か月目5600950015100
19か月目4800950014300
20か月目4000950013500
21か月目3200950012700
22か月目2400950011900
23か月目1600950011100
24か月目800950010300
25か月目000
26か月目095009500

BBN Wi-FiやギガWi-Fiといった同価格帯のサービスと同様の違約金になるためには、15ヶ月以上の契約が必要となる。

保証オプション加入時も受ける際は実費2000円が発生

また、月額400円を支払うことで、故障以外にも盗難や紛失等にも対応してくれる端末保証オプションが用意されています。

通常の端末保証オプションですと、盗難や紛失等、本体そのものがなくなった状態では保証対象外となるケースが多くあることを考えると、良心的なオプションといえるでしょう。

しかし、保証を受けるには実費2000円がかかります。

加えて

  • 保証は2年間で2回まで
  • 前回交換時から6か月以上経過していないと保証を受けることができない
  • 必要添付書類の提出が必須

という条件があります。

オプション未加入時の端末不具合に対しては、30,000円の端末料金が発生します。

2年間継続して使うユーザーにとってはコスパの良いサービス

以上、それがだいじWiFiについての詳細でした。

再販型ソフトバンクSIMの供給条件が今後どうなるかは、フジワイファイの動向がヒントになりそうです。

まだまだ透明化しないクラウドSIMWiFiルーターサービスですが、月間使用可能容量が明確となったことで、これをメリットと感じて契約する人はきっと多数いることでしょう。

運営会社も平成19年創業と、まずまずの運用歴です。

運営会社ソリューションネットワーク株式会社
設立平成19年3月19日
住所〒810-0011
福岡県福岡市中央区高砂1-2-4
050-3733-6446
受付時間 10:00 ~ 18:00
※土日祝・年末年始・弊社指定休日を除く
月額料金3,250円/月(二年割Ⅰ適用時)
料金アップなし
日割り計算なし
24か月総費用81,000円
初期費用3,000円
契約期間24か月
解約違約金1~24ヶ月目:9,500円
25か月目:0円
26ヶ月目以降:9500円
速度制限月間150GB以上使用した場合384kbpsに制限
通信回線トリプルキャリア
海外利用
通信端末GlocalMe U2s

契約や詳細については公式サイトをご覧ください。

【公式】それがだいじWi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
それがだいじWi-Fi

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年8月版) 【お知らせ】2020年8月5日更新 ポケットモバイルが違約金4,500円の新サービスを開始しました。 hi-...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST