どんなときもWiFi終了について
10/31 23:59をもってどんなときもWiFiの無制限プランが終了、自動解約となりました。この騒動での管理人の所感とクラウドSIMWiFiルーターの今後について考えてみました。

記事を読む

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GreenWaves TIMES Vol.4 12/2 発行しました。→ココ←をタップ

格安SIM

ドコモ・au・ソフトバンクの中古スマートフォンが利用者以外でもSIMロック解除可能に|中古端末格安SIM市場の起爆剤になるか

2020年10月1日、ソフトバンクはスマートフォンの中古端末のSIMロック解除を同社サイトおよび店頭で行うことを発表しました。

これは総務省発表の「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン(令和元年 11 月 22 日最終改正)」における6-(3)を受けてのことと見られます。

移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン|総務省

これで2020年10月1日~ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで、自分が新規に購入したものでないキャリア製スマートフォンのSIMロック解除が行えることとなりました。

記事体裁上、ネットワーク利用制限の詳細や各社のSIMロック解除条件については記事後半に記載しております。

目次からジャンプしてご利用ください。

<PR>

中古端末のSIMロック解除の場合、キャリアによって若干の違いも

中古端末のSIMロック解除の場合、当該端末残債が支払われていることが一つの条件となります。

中古端末SIMロック解除可能な状態
  1. 一括購入で支払いが完了している:ネットワーク利用制限「〇」
  2. 分割購入で支払いが完了している:ネットワーク利用制限「〇」
  3. クレジットカード分割払いで支払い中:ネットワーク利用制限「△」
  4. 口座引き落とし分割払いで支払い中:ネットワーク利用制限「△」

※3の場合、ドコモ・auであれば購入から100日以下でもSIMロック解除可能/ソフトバンクについては記載がないため恐らく不可
※4の場合、3キャリア共に購入から101日以上経過していればSIMロック解除可能

当サイトの調査によると、キャリアの中古端末のSIMロック解除要件については支払い方法によって若干の違いが存在することがわかりました。

一括購入の場合では3社共通して即日SIMロック解除が可能となっています。

ドコモ・auでは分割購入の場合でも、支払い方法にクレジットカードを指定している場合、購入から100日以内(=即日)でもSIMロック解除可能です。

しかし、ソフトバンクのみ、クレジットカードでの分割購入を選択した場合でも購入から101日以上経過していないとSIMロック解除ができない(=サイトに記載がない)ということだと思われます。

<3社共通条件(一括購入の場合)>

  • 一括購入の場合
  • ネットワーク利用制限がかかっていない

<ドコモ・au共通条件(分割払いの場合)>

  • 分割購入から101日以上経過している
  • クレジットカードでの分割購入の場合、100日以内でSIMロック解除可能

<ソフトバンクのみ(分割払いの場合)>

  • 分割購入から101日以上経過している
  • クレジットカードでの分割購入の場合でも101日以上経過していないと不可(サイト上に記載なし)

目次に戻る▶▶

注意事項|SIMロックを解除しても当該端末がすべてのキャリアで使えるわけではない

SIMロックを解除したからといって、すべての端末が同じようにどのキャリアでも使えるようになるとは限りません。

あくまでもその端末は、利用予定のキャリアが使っている電波周波数帯域(=Band)に対応している必要があります。

対応Band一覧は下記の通りです。

ネットワークおよび周波数(LTE)
docomo必須:Band1/19
補足的:Bans3(東名阪限定) /21/28/42
au必須:Band1/18/26
補足的:Band11/28/41(WiMAX)/42
SoftBank必須:Band1/3/8
補足的:Band11/28/41(ソフトバンクエアー)/42
楽天モバイル必須:Band3(自社回線)/18・26(au回線)

SIMロックを解除して使用したい端末が使用予定のキャリア周波数帯域に対応しているかどうかについては

機種名+対応Band

で検索してください。

Google検索

目次に戻る▶▶

中古ソフトバンク端末SIMロック解除要件緩和で中古端末市場の起爆剤になるか

以上、ソフトバンクが中古端末のSIMロック解除を可能としたことについてお伝えしてきました。

これにより、今まで「文鎮化」していた2015年以降発売のソフトバンクから販売されたSIMロック解除をしていない中古iPhoneの使用が可能となります。

文鎮化が解除されることで、3大キャリアのみならず格安スマホでの使用が可能になります。

最近では新規端末の2万円以上の値下げが総務省により禁止となったため、MNP(番号そのまま乗り換え)での通信会社乗り換えでもあまりお得に契約できなくなりました。

これが、中古端末を入手し、SIMカード単体で格安メーカーへ乗り換えれば大幅な節約効果が期待できます。

また、DSDV(異なるSIMカードを2枚入れて通信する)対応機種であれば更なる節約効果も期待できます。

<PR>

格安SIM+データSIMでテザリングも使える最強DSDVスマホを作る方法 ※当コンテンツ内で紹介している再販型ソフトバンクSIMについては、ソフトバンク側からの供給条件の変更で新規申し込みを呈している販...

しかし、これらを行うにはある程度の知識が必要なのも事実で、あまり明るくない人にとってはハードルが高いでしょう…。

当サイトでは乗り換え先に加えて、安心できるMNP方法についても解説しておりますので、ぜひご覧ください。

>>特集ページを見る

格安スマホ主要11社の特徴を解説!最低利用期間・違約金・MNP転出料の違いまとめ 現在、日本国内には数多くの格安スマホスマホメーカーが存在し、格安スマホを検討中の方もどこのメーカーを選んだらいいかわからない方が...

 

記事一覧を見る



ネットワーク利用制限や各社シムロック解除条件については下記からご覧ください。

<PR>

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

目次に戻る▶▶

ネットワーク利用制限について(〇・△・×)

中古端末を含めたスマートフォン端末では、ネットワーク利用制限というものが存在します。

ネットワーク利用制限は端末の残債と支払い継続の有無によってかかります。

ネットワーク利用制限がかかると、キャリアから通信に制限がかけられてしまい一切の通信ができなくなります。

端末の利用制限の状況に関しては、各社個別ページへアクセスし、端末固有製造番号(=IMEI)を入力することで判定結果が見れます。

ネットワーク利用制限説明
端末代金完済済み
利用制限リスクなし
端末残債あり
今後支払いが滞ると利用制限リスクあり
×端末残債が支払われずに利用が制限されている状態

<用語解説>

白ロム:ネットワーク利用制限が「〇」「△」の端末

赤ロム:ネットワーク利用制限が「×」の端末

※中古スマホ販売サイト「イオシス」では△→×になる確率は0.037%(2016年・2017年集計結果)

Android/iPhoneでのIMEI確認方法

電話アプリで「*#06#」と入力

ネットワーク利用制限確認サイト

ネットワーク利用制限を確認するには下記サイトにアクセスしてください。

ドコモ

au

ソフトバンク

<PR>

お好みのWiFiルーターを条件指定して検索!

タップして展開

月額費用

パケット上限

契約期間

日割り計算

データ単価

回線種類

自動更新

違約金

初期費用

端末割賦

こだわり条件を追加

目次に戻る▶▶

ドコモでのSIMロック解除要件

ドコモ

現在のキャリアのSIMロック解除の要件については、総務省が2019年11月22日に施行したガイドラインに則っています。

このガイドラインではSIMロックの即時解除を義務化しています。

ドコモでのSIMロック解除要件等は下記に紹介します。

SIMロック解除にかかる料金

◆料金(スマートフォンの場合|ガラケーは無料)

  • WEB受付:無料
  • 電話受付:有料(事務手数料3,000円)
  • 店舗受付:有料(事務手数料3,000円)

※端末購入当日は販売店でのSIMロック解除は無料
※中古端末の場合(ドコモユーザー以外)は電話での受付は不可

SIMロック解除受付窓口

SIMロック解除が可能な機種

SIMロック解除が可能な端末は下記リンクからご覧ください

(公式サイトへジャンプ)

2015年5月以降に発売された機種

2011年4月~2015年4月に発売された機種

SIMロック解除に関する条件

◆新規購入の場合

下記のいずれかの条件を満たす場合にSIMロックを解除した状態で引き渡しが可能

<回線契約あり>

  • 当該回線のSIMロック解除から100日が経過した場合
  • 当該機種の一括購入
  • 当該機種を分割購入(クレジットカード払い)

<回線契約なし>

  • 当該機種の一括払い
  • 「スマホおかえしプログラム」を適用、支払い方法をdカードもしくはdカードゴールドによるクレジットカード払い

◆既存端末の場合

<自分で購入した場合>

  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • 購入日から101日以上経過した機種であること

ただし、下記条件のいずれかを満たせば100日以内でもSIMロック解除が可能

  • 当該回線において過去(回線契約期間中)SIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
  • 当該機種を一括払いで・または分割支払金/分割払金を精算された場合
  • 当該機種(解約済回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払方法をクレジットカードに設定いただいた場合

<自分で購入していない場合(中古端末)>

下記条件のいずれかに該当

  • 一括購入の場合は無条件で解除可能
  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過した機種であること

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかはこちらから確認可能です。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト|ドコモ

参考:ドコモFAQ

目次に戻る▶▶

auのSIMロック解除要件

現在のキャリアのSIMロック解除の要件については、総務省が2019年11月22日に施行したガイドラインに則っています。

このガイドラインではSIMロックの即時解除を義務化しています。

auでのSIMロック解除要件等は下記に紹介します。

SIMロック解除にかかる料金

◆料金

  • WEB受付:無料(受付は9時~21時30分)
  • 電話受付:なし
  • 店舗受付:有料(事務手数料3,000円)

※端末購入当日は販売店でのSIMロック解除は無料

SIMロック解除受付窓口

SIMロック解除が可能な機種

SIMロック解除が可能な端末は下記リンクからご覧ください

(公式サイトへジャンプ)

SIMロック解除可能な機種

SIMロック解除に関する条件

◆新規購入/既存端末共通

※中古端末かどうかにかかわらず共通

下記条件をすべて満たすau携帯電話が対象

  • 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種
  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 機種購入から101日以上経過しているもの

ただし、下記条件のいずれかを満たせば100日以内でもSIMロック解除が可能

  • 一括購入
  • 前回SIMロック解除から100日以上経過
  • クレジットカードを使用した端末分割払いの場合

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかはこちらから確認可能です。

ネットワーク利用制限携帯電話機照会|au

参考:au

目次に戻る▶▶

ソフトバンクのSIMロック解除要件

現在のキャリアのSIMロック解除の要件については、総務省が2019年11月22日に施行したガイドラインに則っています。

このガイドラインではSIMロックの即時解除を義務化しています。

ソフトバンクでのSIMロック解除要件等は下記に紹介します。

SIMロック解除にかかる料金

◆料金(スマートフォンの場合|ガラケーは無料)

  • WEB受付:無料
  • 電話受付:なし
  • 店舗受付:有料(事務手数料3,000円)

※端末購入当日は販売店でのSIMロック解除は無料

SIMロック解除受付窓口

SIMロック解除が可能な機種

SIMロック解除が可能な端末は下記リンクからご覧ください

(公式サイトへジャンプ)

SIMロック解除可能機種

SIMロック解除に関する条件

◆新規購入の場合

下記のいずれかの条件を満たす場合にSIMロックを解除が可能

  • 当該機種の一括購入
  • 当該機種を分割購入(クレジットカード払い)

※中古端末の場合、一括支払いであれば即日SIMロック解除可能、分割払いの場合は101日目以降に可能

※新規購入の場合、その場でSIMロック解除可能

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかはこちらから確認可能です。

ネットワーク利用制限確認|ソフトバンク

参考:ソフトバンク

目次に戻る▶▶

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST