どんなときもWiFiの無制限プラン終了について
8/24 午前10時にどんなときもWiFiの無制限プラン終了がアナウンスされました。 代替プランは決してお得ではありません。 まずは他サービスと比較してみましょう。

詳細を見る

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

WiFi比較

【月間100GB上限クラウドSIM】MugenWiFiとどこよりもWiFiを比較!安心できるのはどちら?

MugenWiFiは恐らく2020年9月13日目安で新規受付を終了する見込みです。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

2020年9月7日、クラウドSIMの仕組みを採用したレンタルWiFiルーターサービス「MugenWiFi」が料金プランをリニューアルし、月間100GB上限で再スタートを切りました。

この界隈でライバルとなるのは一足先に新料金プランへ移行(2020年8月26日~)へ移行した「どこよりもWiFi」になります。

  • MugenWiFi|月額3,150円
  • どこよりもWiFi|月額3,180円

両サービスともに業界最安値クラスです。

本記事ではどちらが安心できるサービスか比較検証していきます。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

MugenWiFiとどこよりもWiFiを徹底比較!

まずはサービスの概要を比較しましょう。

MugenWiFiどこよりもWiFi
会社歴2年8年
月額料金3,150円3,180円
端末割賦なしなし
料金アップなしなし
日割り計算なしあり
24か月総費用78,600円79,320円
初期費用3,000円3,000円
契約期間2年間2年間
解約違約金~12ヶ月:9,000円
14か月~24か月:5,000円
25か月目以降:0円(自動更新なし)
~24か月:9,500円
25か月目:無料
26か月目~:9,500円
パケット上限月間100GB
月間100GB
データ単価31.5円31.8円
速度制限超過後128kbpsに制限超過後128kbpsに制限
通信回線トリプルキャリアトリプルキャリア
海外利用
通信端末GlocalMe U2sGlocalMe U2s/U3
初期契約解除30日間8日間
端末補償500円
全損:〇
盗難:×
400円
全損:×
盗難:×

このように月額料金ではわずか50円の違いしかなく、2年間のトータルコストで見ても720円の差しかありません。

比較していくのは料金ではなく、それ以外の項目となります。

会社歴ではどこよりもWiFiの方が安心感がある

運営会社株式会社Wiz(ワイズ)[英文表記:Wiz Co.,Ltd.]株式会社surfave
会社創設2012年4月18日2018年6月1日
運用歴8年2年
代表(管理責任者)
山崎 俊
大山 勝士
住所
〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-25-15South新大塚ビル12F
他事業所多数あり

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻1丁目15-1-204
法人番号:8011001128441

ホームページhttps://012grp.co.jp/https://www.surfave-inc.com/
事業内容Wiz cloud事業
ITプロダクト事業
新生活サポート事業
メディア運営事業
開店オンライン事業
保育サポート事業
nene事業
デジタルサイネージ事業
アプリプラット事業
DX承継事業
HRコンシェルジュ事業
パートナー事業

MUGEN WiFiを始めとした5Gソリューションの提案など

資本金6,000万円 (資本準備金含む)未公開
その他届出電気通信事業者 第A-28-15584号
参考:総務省
届出電気通信事業者 第A-01-17268号
参考:総務省

MugenWiFiを運営する株式会社Sufaveは2018年に創設されたベンチャー企業です。

創設時は東京都渋谷区に所在がありましたが、現在では茨城県つくば市へ移転してます。

一方でどこよりもWiFiを運営する株式会社Wizは通信系事業を幅広く手掛ける大企業となっています。

MugenWiFiのアフターサポートで何か不具合があった等の口コミは聞かれていませんが、企業としての母体を見るうえではどこよりもWiFiの方がより安心できるでしょう。

【公式】どこよりもWiFi

\公式サイトをCHECK!/
どこよりもWiFi

日割り計算の有無ではどこよりもWiFiが優勢

日割り計算とは、月途中の申込の場合、月額料金の残り日数に合わせて初月の料金を請求できるという仕組みです。

月額3000円のサービスを月途中15日で申し込んだ場合、その月の請求額は1500円になるといった形になります。

どこよりもWiFiは初月申込の際に日割り計算を採用していますが、MugenWiFiに関しては日割り計算を導入していません。

よって、MugenWiFiではたとえ月末に申し込んだ場合でも全額請求されることとなります。

しかし、「次月配送オプション」を選択するとで、契約付は初期費用のみの請求となり、次月1日に端末が届いて使用できるような配慮がされています。

ただし、当月の使用はできません。

日割り計算の有無で見るとどこよりもWiFiの方がお得に使用できます。

【公式】どこよりもWiFi

\公式サイトをCHECK!/
どこよりもWiFi

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

解約違約金はMugenWiFiの方がお得

MugenWiFiどこよりもWiFi
解約違約金~12ヶ月:9,000円
13か月~24か月:5,000円
25か月目以降:0円(自動更新なし)
~24か月:9,500円
25か月目:無料
26か月目~:9,500円

それぞれ2年契約となっているため、24か月以内の解約では「違約金」が発生します。

どこよりもWiFiは一律9,500円の請求になっているに対して、MugenWiFiは~12ヶ月までは9000円、13か月目~24か月目では5000円と値下がりします。

また、25か月目以降に関してはどこよりもWiFiは自動更新ありで26か月目から違約金が発生するのに対して、MugenWiFiは自動更新なしとなっているため26か月目以降の違約金は発生しません。

よって、違約金の面ではMugenWiFiの方がお得となります。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

初期契約解除期間ではMugenWiFiの方がお得

総務省電波法の定めにより、初期契約解除の期間(クーリングオフ期間)は8日間と定められています。

この期間内であれば無条件で契約を解除、月額料金の返金が可能です。

※ただし端末返送料や初期契約解除料金等の請求がある場合も多い

どこよりもWiFiではこれに則り初期契約解除期間を8日間としています。

一方でMugenWiFiに関しては「30日間おためし全額返金キャンペーン」として初期契約解除期間を30日間設けています。

返金保証の詳細は下記のとおりです。

  1. フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  2. 返品の「発送日時」が30日以内であること。
  3. Mugen WiFiのご利用が初めてであること。
  4. 海外利用がある場合はデイリーの利用料金が発生
  5. 50GB を超える大容量通信を行った場合、9,000円の解約費用が掛かる

契約後30日以内で不要となったら

  • 契約違約金なし
  • 月額料金3280円返金

という破格の条件で契約解除が可能です。

ただし

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

FujiTV無料posted withアプリーチ

  • 箱の破損・説明書の欠品等は追加費用20,000円
  • 返却処理手数料1080円
  • 送料は送り主負担

となるため、注意が必要です。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

端末補償に関してはMugenWiFiがお得

MugenWiFiどこよりもWiFi
端末補償500円
全損:〇
盗難:×
400円
全損:×
盗難:×

端末補償はどのサービスも契約時のみ申込が可能です。

ポイントは「全損保証」の有無です。

多くのサービスは水濡れや自然故障、破損といった場合に関しては補償対象となりますが、全損までをカバーしている保証サービスは少ないです。

また、全損保証があるサービスは別途保証時に追加料金が発生するケースがほとんどですが、MugenWiFiに関してはそれがありません。

月額料金がかかりますが、保証面に関してはMugenWiFiの方がお得感が強いでしょう。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

まとめ

以上、MugenWiFiとどこよりもWiFiを比較してきました。

MugenWiFiどこよりもWiFi
会社歴2年8年
日割り計算なしあり
解約違約金~12ヶ月:9,000円
14か月~24か月:5,000円
25か月目以降:0円(自動更新なし)
~24か月:9,500円
25か月目:無料
26か月目~:9,500円
初期契約解除30日間8日間
端末補償500円
全損:〇
盗難:×
400円
全損:×
盗難:×

どこよりもWiFiは日割り計算あり/安心感がある

どこよりもWiFiに関しては、運営会社が大きく何よりもサービスとしての安心感が大きいです。

日割り計算もあるため、少しでも初月の出費を抑えたい人はどこよりもWiFiの方がいいでしょう。

月間100GB上限の縛りありプラン以外にもラインナップがあるため、ニーズに合わせた契約が可能です。

縛り期間あり
プラン月間パケット上限料金データ単価契約期間端末レンタル料
100GBプラン100GBまで3,180円31.8円2年0円
20GBプラン20GBまで2,480円124円2年0円

 

縛り期間なし
プラン月間パケット上限料金データ単価契約期間端末レンタル料
50GBプラン50GBまで3,480円69.6円最低利用期間1か月0円
20GBプラン20GBまで2,980円149円最低利用期間1か月0円

【公式】どこよりもWiFi

\公式サイトをCHECK!/
どこよりもWiFi

お試しで使ってみたいのであればMugenWiFi

MugenWiFiの魅力は何といっても「30日間おためし全額返金キャンペーン」でしょう。

返送料金+解除料1,000円でサービス解約が可能です。

思っていたより速度が出なかった場合には違約金なしで解約が可能です。

保証に関しても手厚くなっており、企業歴の短さをカバーしています。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

どちらのサービスも趣向を凝らしたサービスとなっています。

以上のメリット・デメリットを踏まえてあなたにぴったりのものを選んでくださいね!

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...

記事一覧を見る

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST