どんなときもWiFiの無制限プラン終了について
8/24 午前10時にどんなときもWiFiの無制限プラン終了がアナウンスされました。 代替プランは決してお得ではありません。 まずは他サービスと比較してみましょう。

詳細を見る

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

縛りありWiFi

クラウドSIM新サービス「hi-ho Let’s Wi-Fi」10月31日まで事務手数料無料・初月無料・2か月目2980円~利用可能!

株式会社hi-hoは2020年6月22日、クラウドSIMの仕組みを使用した新サービス「hi-ho Let’s Wi-Fi」をリリースしました。

月額4,300円とややこの界隈の以前の標準的な価格からは若干高額となりますが、1日7GBまでの通信が可能となっており、旧サービス「hi-ho GoGo Wi-Fi」よりも通信障害リスクを抑えた商品設計になっているのが特徴です。

また、2020年10月2日~1日上限4GBまで使用可能な「ライトプラン」も月額3,480円でリリースしました。

現在キャンペーン中につき~2020年10月31日までの申込で事務手数料無料3000円が無料、初月無料、2か月2980円で利用可能です。

キャンペーンについては両プラン共通となっています。

【公式】hi-ho Let’s WiFi

【公式】hi-ho Let’s WiFi

本記事ではクラウドSIMの仕組みを踏まえた上で同サービスの概要について、GreenWavesが行った株式会社hi-hoへの取材内容を盛り込んで紹介していきます。

\公式サイトをCHECK!/
hi-ho Let’s WiFi

hi-ho Let's Wi-Fi通信速度テスト結果!キャリア接続率90.3%|下り回線速度中央値18.8Mbps クラウドSIMの仕組みを採用し、月間217GBもの大容量通信を実現している「hi-ho Let's Wi-Fi」。 「どん...

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

hi-ho Let’s Wi-Fiの詳細について

hi-ho Let’s Wi-Fiは株式会社hi-hoが運営しています。

会社名株式会社ハイホー
hi-ho Inc.
設立2007年6月1日
代表取締役鈴木 武人
所在地〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-41-8 IOBビル 3F
ホームページhttps://hi-ho.co.jp/
事業内容インターネット接続事業
資本金100百万円
株主株式会社ISPホールディングス(100%)
事業者番号東京都公安委員会 第305511904395号
登録番号(電気通信事業者):A-15-6505
届出番号(電気通信事業者):C1907476

ハイホーは2017年12月31日から親会社IIJから株式会社ISPホールディングスに譲渡されました。

参考:https://hi-ho.jp/support/news/2018/180104.php

親会社は変われど2007年から運営している会社歴13年のインターネット関連事業を手掛ける会社です。

月額費用や契約期間など

月額料金等の詳細は下記の通りです。

月額料金4,300円/月(通常プラン)
3,480円/月(ライトプラン)
キャンペーンにて
事務手数料無料

初月:無料
2か月目:2,980円/月
料金アップなし
※キャンペーン適応で3か月目から正規料金に戻る
日割り計算あり
24か月総費用<通常プラン>

106,200円/24か月
キャンペーン適応で97,580円/24か月

<ライトプラン>

86,520円/24か月
→キャンペーン期間申込で79,540円/24か月

初期費用3,000円
→キャンペーン中につき無料
契約期間24か月
解約違約金<通常プラン>

1~12ヶ月目:18,000円
13~24か月目:9,500円
25か月目:0円
26ヶ月目以降:9,500円

<ライトプラン>

1~24か月目:9,500円
25か月目:0円
26ヶ月目以降:9,500円

パケット上限通常プラン:7GB/日(217GB/月)
ライトプラン:4GB/日(120GB/月)
データ単価19.81円(通常プラン)
29円(ライトプラン)
速度制限1日上限超過後、超過日の翌々日に128kbpsに制限
通信回線トリプルキャリア
海外利用
通信端末GlocalMe U2s

【公式】hi-ho Let’s WiFi

キャンペーン期間中の申し込みであれば初月無料、2か月目2,980円と安価にスタートできるのは非常に魅力的です。

安心して大容量通信を行いたい人にとっては良い選択でしょう。

\公式サイトをCHECK!/
hi-ho Let’s WiFi

パケット上限と速度制限について

同サービスにおいては、通常プランでは一日あたりのパケット上限が7GBとなっており、超過後はデータ上限を超過した翌々日の送受信を128kbpsに制限されます。

具体的な「1日7GBでできること」に関しては公式サイトの引用を掲載いたします。

参考までにYoutubeの消費パケットを掲載します。

<Youtubeの画質別通信量>

画質1時間の消費パケット7GBで見れる時間
144p120MB58.3時間
240p160MB43.75時間
360p 標準画質320MB21.875時間
480p SD画質600MB11.6時間
720p HD画質1GB7時間
1080p フルHD画質2GB3.5時間

このように高画質映像でも10時間以上の視聴が可能です。

高画質のオンラインゲーム等では恐らく2時間程度が目安となるでしょう。

テレワーク・オンライン授業用途でも通信可能

最近ではテレワークやオンライン授業にZoomを用いるケースが増えて生きています。

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

オンライン授業やテレワークでの会議の場合、複数人が双方向通信を行うと想定し、下り/上り共に1.5Mbps=187.5KB/秒の通信速度が必要です。

1時間で675MB消費します。

7GBで通信可能な時間は10.3時間です。

4GBであれば約6時間です。

これだけ通信できれば問題ないでしょう。

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

【公式】hi-ho Let’s WiFi

データ使用量についてはサイト上で確認可能

データ使用量については下記方法で確認が可能です。

WEBの使用量確認ページで確認できます。端末に記載されている「IMEI」と「Password」を入力しログインください。
【使用量確認 管理画面】
https://data-check.tokyo/

《注意事項》
・毎日23:50に前日のデータ量がアップされます。
・データの更新は1日1回です。
・リアルタイムでの確認はできません。

しかし、この方法ではリアルタイム計測は困難ですので、使用しているデータ端末等で確認した方が良さそうです。

使用端末 GlocalMe U2s

重量151g
端末サイズ127×65.7×14.2mm
連続通信時間約12時間
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応Band1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/
38/39/40/41
付属品
※本製品には充電器が付属されておりません。(下記ACアダプタを参照)
MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
お客様側でご用意いただくか、申込みフォームにて専用充電器の販売もあります。
同時接続台数最大5台まで
実売価格18,000円程度
注意事項WPS機能なし

使用端末はクラウドSIMの仕組みを提供するuCloudlink社が開発した端末「GlocalMe U2s」を使用します。

弱点を挙げるとするのであれば、連続使用時間が12時間程度となっているため、朝電源をつけると夕方の時間帯には電池が切れてしまうということです。

基本的には使用するときのみ電源を入れる使い方が良いでしょう。

また、同時接続数が5台までとなっているため、自宅ではホームルーターとして使用したい場合は別途中継器を用意する必要があります。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

なお、端末はレンタル提供ではないため、返却は不要となっています。

解約後は通常の物理SIMカードを挿してモバイルWIFIルーターとして使用可能です。

使用方法については下記を参照ください。

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

FujiTV無料posted withアプリーチ

どんなときもwifi月間25GB制限プラン向け!GlocalMeD1(U2s)にフジシム等物理SIMカードでテザリングする方法 2020年8月24日追記 どんなときもwifiがパケット無制限サービスの完全終了を発表しました。 サービス終了と受け...

\公式サイトをCHECK!/
hi-ho Let’s WiFi

端末補償等のオプションについて

端末補償オプションでは、月額500円追加することで、端末の故障費用が1契約につき年間2回※まで無料となります。

※2回目の故障に関しては修理費用3,000円が発生

補償対象

  • 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で端末機器が故障した場合
  • 水濡れが原因で機器が故障した場合
  • 端末機器に劣化・外部損傷が生じた場合で弊社が認めた場合

※盗難・紛失・過失/故意による故障、改造による故障、劣化や色落ちは対象外

海外利用料金

海外利用に関しては、それぞれ1日当たりのパケット上限1GBで

  • アジア①/オセアニア①/ヨーロッパ/北米:970円/日
  • アジア②/オセアニア②/中東/中米/南米/アフリカ:1,600円/日

で使用できます。

超過後は翌日まで最大256kbps程度に速度制限がかかります。

利用可能国は100か国以上に上ります。

【公式】hi-ho Let’s WiFi

支払方法

支払方法はクレジットカードのみとなっています。

\公式サイトをCHECK!/
hi-ho Let’s WiFi

hi-ho Let’s Wi-Fiは旧サービスの弱点をカバーして再設計

やはり、クラウドSIMというと「どんなときもwifiでの通信障害」が記憶に新しく、敬遠されがちな印象です。

「どうせクラウドSIMは通信障害になりやすいからやめた方がいい」という話を聞くとやはり残念です。

クラウドSIMWiFiルーターサービスは、SIMプールと呼ばれる機器に物理SIMカードを大量に挿入し、そのデータ容量の総和を契約ユーザーでシェアする形の通信システムになっています。

当然、パケット容量は有限です。

従来の「パケット無制限」を謳ったクラウドSIMWiFiルーターでは、パケットに上限を設けなかったが故に一部のユーザーが大量にデータ通信を行うとサーバー上のデータ容量が枯渇し、通信障害に陥ってしまいました。

どんなときもwifiや限界突破wifiの通信障害を重く見たクラウドSIMWiFiルーター提供各社は同じような事態にならないよう一定以上の通信を行ったユーザーに対しては速度制限を設けて、データ容量の枯渇を防いできました。

しかし、たとえ重要事項説明書に「大容量通信を行った場合帯域制限を設ける」と記載していても「パケット無制限」を前面に出していたため、制限をされたユーザーからは不満の声が多く聞かれました。

この事態を重く見て、総務省はどんなときもwifiだけでなく、他のパケット無制限を標榜するサービスに対して「是正勧告」を出しました。

これを受けて、商品設計を見直し、「1日7GB」という明確な通信上限を設けたサービスが「hi-ho Let’s Wi-Fi」です。

明確な通信上限を設けたことで、ユーザー数に見合ったSIMプール内のデータ容量の確保ができるようになり、通信障害が極めて起きにくくなりました。

【公式】hi-ho Let’s WiFi

サーバーは国内に配備、ソフトバンクSIMとMVNOSIMで運用-取材にて判明

クラウドSIMの仕組みを中国にあるuCloudlink社が提供していることから、クラウドSIMサーバーが中国国内にあるのではないかという疑惑がありました。

当サイトの取材に対する回答は下記の通りです。

Q:クラウドSIMサーバーについてですが、物理SIMカードを挿入している関係上、サーバーは国内にあるという認識で良いでしょうか?

A:サーバは国内にございます。

また、使用しているSIMプール内の物理SIMカードやその構成については

Q:「マルチキャリア」対応についての表記ですが
メインは再販型ソフトバンクSIMカード、サブとしてドコモ系MVNOSIMカードやau系のSIMカードをクラウドSIMサーバー上に入れているということでしょうか?具体的な挿入割合当については公表するご予定はございませんか?

A:若干の構成を変更しておりますが、割合に関しましては回答を差し控えさせていただきます。

という回答をいただきました。

やはりメインは再販型ソフトバンクSIMカード、他はMVNOのSIMカードを併用することで「マルチキャリア対応」としているようです。

若干の構成変更があるとのことですが、昨今の情勢を考えるとソフトバンクSIMカードに依存傾向だったことを踏まえて、リスクヘッジとしてMVNOSIMカードの割合を増やしているのではないかと考えています。

また、ソフトバンクSIMカード供給先についても、「話題に上っている業者とは別ルート」ということです。

【公式】hi-ho Let’s WiFi

安心できるクラウドSIMWiFiルーターの選択肢の一つ

月間パケット上限が100GB程度のサービスが増えてきている中、月間200GB以上の通信ができる通常プランと、ニーズの多い月間100GB程度のライトプランを準備してきたことで、よりユーザーの希望に沿ったサービス提供が可能となりました。

安心出来るサービスをお探しの方にはオススメでしょう。

申し込みは下記公式ホームページよりどうぞ。

【公式】hi-ho Let’s WiFi

\公式サイトをCHECK!/
hi-ho Let’s WiFi

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...
hi-ho Let's Wi-Fi、10月2日より1日/4GB|月間120GB使用できるライトプランをリリース! レンタルWiFiルーター「hi-ho Let's Wi-Fi」を運営する株式会社hi-ho(ハイホー、東京都)は2020年10月...
hi-ho Let's Wi-Fi通信速度テスト結果!キャリア接続率90.3%|下り回線速度中央値18.8Mbps クラウドSIMの仕組みを採用し、月間217GBもの大容量通信を実現している「hi-ho Let's Wi-Fi」。 「どん...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST