どんなときもWiFiの無制限プラン終了について
8/24 午前10時にどんなときもWiFiの無制限プラン終了がアナウンスされました。 代替プランは決してお得ではありません。 まずは他サービスと比較してみましょう。

詳細を見る

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

WiFiに関する豆知識

【仕組みを解説】クラウドSIMとは?uCloudlink社と販売代理店の関係も解説

画像引用:uCloudlink

最近になって「クラウドSIM」という新しい技術が話題です。

「どんなときもwifi」というサービスが草分け的となり、2019年は数多くの通信事業者がクラウドSIM採用wifiルーター事業に参戦してきました。

いったいクラウドSIMとは何か?

本記事で解説していきます。

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

クラウドSIMとは?その仕組みを解説

クラウドSIMは通常の通信システムとは違い、通信用の物理SIMカードが端末に挿入されていないことが特徴です。

代わりに「通信専用のSIMカード」が挿入されており、そのSIMカードを使って「アクセスサーバー」と呼ばれる、利用者の位置情報を集約しているシステムにアクセスします。

その情報を元にSIMプールと呼ばれる物理SIMカードが大量に挿入されたサーバーの一つのSIMカードを割り当て、その情報を通信端末にダウンロード・保持することで通信が可能となります。

この仕組みを「クラウドSIM」といいます。

そもそもSIMカードとは何か?

SIMカードとは、お使いの端末で契約した通信事業者の電波を借用するために必要な通信チップのことです。

通常のwifiルーターやスマートフォンにはこの「SIMカード」と呼ばれる通信チップが入っています。

この通信チップを使って、特定の通信回線で通信を行います。

  • ドコモであればドコモ回線につながるSIMカード
  • ソフトバンクであればソフトバンク回線につながるSIMカード
  • 楽天モバイルであれば、ドコモから借用しているドコモ回線につながるSIMカード
  • WiMAXであればUQモバイル回線/au回線がつながるSIMカード
  • ポケットWIFIであればソフトバンク回線がつながるSIMカード

といった感じで「特定の契約した1社のみと通信できる」というのが従来型の通信システムです。

クラウドSIMなら日本でも海外でもどこでも使える

クラウドSIMはサーバー(PaaSプラットフォーム)上にあらゆる地域のSIMカード情報が入っているため、1社(=uCloudlink社)と契約すれば日本でも世界でもどこにいてもその場所で最も繋がりやすい回線を選択して通信できます。

世界中で25万人が同時接続できます。

本来はSIMカード内に入っている回線契約や固有番号情報がクラウドサーバー上に存在するというのが最大の特徴です。

下記がクラウドSIMサーバーです。

引用:グローカルネット

uCloudlinkと販売代理店契約をした業者については、このクラウドSIMサーバーを自社で用意し、調達したSIMカードを挿入して使用しているものと考えられます。

SIMカードの調達方法に関しては、国内販売代理店ごとに異なるため、用意できるSIMカードによってサービス品質が大きく左右されます。

このクラウドサーバー上には一つの回線だけでなく、複数の回線の情報が入っています。

この情報を必要に応じて端末にダウンロードすることで、その場所に最も最適な回線を選んで通信することが出来ます。

そのため、日本だけでなく、どの国・どの地域に行ってもSIMカードを差し替えることなく通信ができるのです。

クラウドSIMとeSIMの違い

クラウドSIMと同時期に出たワードで「eSIM」というものがあります。

どちらもクラウドサーバー上のSIMカード情報を参照して通信できるということに関しては同様ですが、若干技術的な違いがあります。

  • クラウドSIM:uCloudlink社の独自技術。この会社と契約するだけで複数回線を使用できる。回線の切り替えは自動で行われる。
  • eSIM:GSMA(通信事業者の業界団体)が標準化した仕組み。自分で使いたい通信会社を選んで複数契約することが出来る。回線の切り替えは自分で行う。

uCloudlink社について

 

画像引用:uCloudlink

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

uCloudlink社は中国に本社を構えるグローバル企業です。

会社名uCloudlink Japan株式会社
所在地〒 107-0062 東京都港区南青山2-26-37 VORT外苑前Ⅰ 6階
電話03-4588-1711
メールアドレスinfo-ucjapan@ucloudlink.com
ホームページhttps://jp.ucloudlink.com/(日本支社)
https://www.ucloudlink.com/(本社)
設立平成30年3月
資本金100,000,000円(1億円)
代表取締役林霖
事業内容1.Wi-Fi端末、携帯端末の製造や販売
2.Wi-Fi端末、携帯端末のソフトウェアの企画・開発及びコンサルティング業務
3.コンピューターシステム、プログラム、ウェブシステムの企画、開発、販売、運用及び保守に関する業務

会社は香港、深セン、日本、マレーシア、シンガポール、フランス、イギリス、アメリカあり、中国国内には20以上の支社があります。

世界140か国、200以上の通信事業者と提携

 

画像引用:uCloudlink

uCloudlink社は世界140か国以上で200以上もの通信キャリアと協力関係を築いています。

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

後述しますが、クラウドSIMの仕組みを利用すれば、uCloudlinkの端末を1台契約するだけで、これら200以上のキャリアの中から最も繋がりやすい回線を選んで通信が可能となります。

とりわけ日本で言えばドコモ・au・ソフトバンクになりますね。

クラウドSIMのメリット

概要が分かったところでクラウドSIMのメリットについて解説していきます。

クラウドSIMのメリット
  • 通信障害に強い
  • カバーエリアが広い
  • 海外でもそのまま通信可能

複数の回線を使えるため通信障害に強い

とりわけ日本国内ではクラウドSIMを採用しているwifiルーターでは、その地域によって

  • ドコモ回線
  • au回線
  • ソフトバンク回線

の中から最も繋がりやすい回線を選んで通信を行います。

※GMOインターネット株式会社が提供するギガゴリWiFiワールドプランについては、ソフトバンク回線がメイン、繋がりにくい場合はドコモ・au回線に繋がる仕組みとの回答

GMOとくとくBBクラウドSIMを採用「ギガゴリWiFiワールドプラン」開始!どんなときもwifiとの明確な違いは?

また、海外では現地のSIMカードを購入することなく、そのまま現地の回線が使用できます。

例えばau回線の苦手とする地下鉄や建物の中での通信する場面では、遮蔽物に強いドコモやソフトバンクの回線を自動で選んでくれます。

仮にあなたがソフトバンク回線しか繋がらないポケットWIFIを使用していて、ソフトバンク回線全体がダウンしてしまったとしましょう。

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

ドラマ視聴ならFOD テレビ番組やアニメ・動画が見放題!

FujiTV無料posted withアプリーチ

当然、あなたのポケットWi-Fiではまったく通信ができなくなります。

しかし、クラウドSIMwifiルーターでは、ソフトバンク回線が繋がらないとなったら他の繋がりやすい回線を選んで問題なく通信することが可能です。

このようにクラウドSIMの仕組みを利用しているwifiルーターでは、通信障害が生じた回線を避けて通信を続けることが可能なのです。

こういった点でクラウドSIM採用のwifiルーターは「通信障害に強い」といえるでしょう。

使えるエリアが広い

クラウドSIMは複数の回線を利用できるため、国内でも海外でも電波が入るエリアが非常に広いことが特徴です。

やはりキャリア3社もカバーエリアはさまざまで、人口密集地以外の山間部でドコモ回線が繋がりやすいなどいろいろあります。

その中から最も繋がりやすい電波を自動でつかんでくれるというのは大きなメリットです。

海外でもそのまま通信可能

クラウドSIMは使っている地域で最も繋がりやすい回線を選んで通信可能です。

uCloudlink社は世界140か国の通信サービスを提供する国のローカルサービスプロバイダと契約を行っているため、契約地域であれば自動でその国に最も適した回線を選択してくれます。

※参照:GlocalMe –ローカルのようにグローバルに接続します!

クラウドSIMのデメリット

クラウドSIMにも当然デメリットが存在します。

クラウドSIMのデメリット
  • 海外での利用が制限される場合がある
  • サービスの普及が完全ではない
  • システム全体のエラーには対応できない

海外での利用が制限される場合がある

海外で通信を行う際に現地の法律等によって通信制限が適応される可能性があります。

サービスの普及が完全ではない

クラウドSIMのサービス自体は2017年に発表されました。

2019年になってどんなときもwifiがuCloudlink社の「GlocalMe U2s」という端末を使用し、uCloudlink社のサービスを受ける形でサービスを提供(=販売代理店)し始めてからは、他通信事業者も続々と参入してきています。

これからのサービス普及が期待されます。

サーバーダウン時には通信不可となる

クラウドSIM採用のwifiルーターも万能ではありません。

2019年8月31日~9月3日の間、クラウドサーバー上で通信障害が起こり、どんなときもwifiだけでなくクラウドSIMを使用する端末全体が通信しにくくなるという不具合が生じました。

サポート体制は抜群!どんなときもWiFiが繋がらない?通信障害についてのまとめ 昨今ではどんなときもWIFIに続く形で3日/10GB等の短期間制限がなく、月間でのパケット通信量無制限のレンタルwifiルーター...

原因は「予測していた通信量を超えた」とのことです。

これ以来、システム強化にあたったためか障害は起きていません。

それだけ利用者が増えている注目の次世代通信方式だといえるでしょう。

uCloudlink社と国内クラウドSIMwifiルーター販売社の関係

気になるのが、どんなときもwifiなどのクラウドSIM採用のWiFiルーターを提供している通信事業者とuCloudlink社の関係です。

公式サイトではuCloudlink社のビジネスモデルは下記のように規定されています。

uCloudlinkの標準的なビジネスモデル
• 通信事業者
1)  MNOやMVNOがuCloudlinkに対してSIMやデータを提供します。あるいは、uCloudlinkの代理店となります。

2)  MNO / MVNOは、uCloudlinkから製品とデータサービスを取得し、自らの顧客に再販します。 そのことで顧客のローミングサービス関連の問題を解決します。

• 旅行、観光関連の企業
旅行代理店(オンライン含む)、ホテル、その他の旅行関連企業は、uCloudlinkの製品とサービスを運用することにより、旅行者に付加価値のあるサービスを提供することができます。

• GlocalMeの代理店および小売業者
オンラインストア、販売店舗、航空会社、空港の免税店などが主な代理店および小売業者ですが、その限りではありません。

• ローミングデータサービスフランチャイズ/エージェント
Wi-Fiレンタルおよび国境を越えたモバイルネットサービスのビジネスを展開させるために、uCloudlinkの製品とサービスを導入します。

• システムインテグレーター
製品とサービスを取得して独自のソリューションへ統合し、自らの顧客へと提供します。

• 企業法人
uCloudlinkの製品とサービスを取得し、従業員や自らの顧客へ提供します。

引用:https://jp.ucloudlink.com/html/cooperation-model/

uCloudlink社と国内通信事業者は「サービス提供会社」と「販売代理店」という関係になります。

画像引用:uCloudlink

要するに、uCloudlinkのプラットフォームを利用したサービスを販売代理店が一括でデータ購入を行い、ユーザーが販売代理店でGlocalMe端末を契約することで、代理店側が購入したデータ容量の中で「使い放題」というサービスを提供しているものと思われます。

どんなときもwifi等の販売代理店とuCloudlink、ユーザーとの関係図

販売元・販売代理店とユーザーとの関係を図に表すとこのような形になります。

(詳細については、おそらくuCloudlink社と国内販売代理店の間にGLOCALNET(DAISHOUGUN HOLDINGS大将軍ホールディング)が挟まる形になると思いますが)

共に提供するサービス内容は同一でも、販売代理店によって月額費用や端末補償等のオプションに差をつけることで契約の獲得件数を伸ばそうとするビジネスモデルとなっています。

ここで重要なのは、uCloudlink社はあくまでもクラウドSIMの技術提供をしているだけであり、SIMカードの供給や契約プラン、販売方法などは国内販売代理店に一任されているということです。

国内販売代理店の管理がずさんな場合、どんなときもWIFIのように通信障害に陥る可能性があります。

uCloudlinkは世界中で200以上の主要な通信キャリアとの協力関係を築き、大規模なデータトラフィックの需要と共有データプールの運用モデルを実現しています。

引用:uCloudlink

この文言では日本ではドコモ・au・ソフトバンク回線と契約していると考えられます。

どんなときもwifiの公式サイトでも同様の内容があります。

どんなときもWiFiならクラウドwifi技術により、1枚のSIMにエリアが限定されることなくトリプルキャリアネットワークに対応で幅広いエリアでご利用いただけます

※提供エリアは各キャリア公表のLTEエリアとなりますが、本サービスの端末が対応している帯域のみご使用いただけます。携帯電話の対応帯域とは異なりますのでご注意ください。
※接続する回線キャリアは自動で割り当てており、お客様にて選択することはできません、予めご了承ください。

~中略~

※ソフトバンク/ドコモ/auのネットワーク・LTE回線に対応。ご利用いただくエリアや建物の環境によって最適な通信キャリアの回線を自動で掴みます。(お客様でのキャリア選択不可)
ただしエリア内であっても電波の届きにくい場所や本製品の対応帯域外のご地域など一部ご利用いただけない場合が御座いますので予めご了承ください。

引用:どんなときもwifi

ただし、よくばりwifiだけでソフトバンク回線のみの使用を制限しているところを見ると、販売店とuCloudlink社との契約の際に回線使用状況についても選択できる可能性があります。

→販売店側で使用する回線について選択できます。

どんなときもwifi等クラウドSIMWiFiルーターがソフトバンク回線にしか繋がらない理由の考察 クラウドSIMwifiルーターが人気を集めています。 パケット無制限 トリプルキャリア対応で繋がりやすい ...

クラウドSIMはMVNOのような回線の借り方はしていないと考察

uCloudlink社と国内3大キャリアとの回線使用契約がMVNOのような「帯域の一部を借用する」ものなのか、「キャリア回線をそのまま使用する」ものなのかは現在調査中です。

当社窓口から直接キャリア3社に問い合わせを行いました。

内容は

日本ではドコモ・au・ソフトバンク回線がそれにあたりますが、問題はこの借用契約が

  1. MVNOのように通信回線帯域の一部を借用している
  2. MNOの通信回線帯域をそのまま利用している

のどちらかという質問です。

しかし、取引・契約内容にかかわる事象ということで回答を控えるとのことでした。

明確に回答があったのはソフトバンクからだけで、他は明言すらも避けるような回答でした。

au回答 ソフトバンク回答 ドコモ回答

参考:ドコモ(法人専用),KDDI(法人問合せ),ソフトバンク(法人専用)

しかし、混雑時間帯の通信速度をみても、CAを利用しない単一回線の実測値とほぼ一致するため、

  • MNOの通信回線帯域をそのまま利用している

と考察しています。

参考:どんなときもwifiは遅い?速度(実測値)と繋がりやすい回線についての調査結果【クラウドSIM採用WiFiルーター】

追記:各国内販売代理店が提供しているサービスの接続状況を見ると、やはりMVNO回線で通信しているものも多く存在します。これは、販売している国内販売代理店が管理するクラウドSIMサーバーにMVNOのSIMカードをセットしていることと考えられます。

uCloudlinkからの4月3日に公式に声明が出されており「CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働していることをここに声明します」としています。

>クリックして拡大

引用:uCloudlink

この声明を踏まえても、やはり国内販売代理店側の裁量でどの通信事業者で通信するかを決めているようです。

MVNO回線のSIMカードを挿している事業者に関しては下記記事内で解説しています。

パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング 【お知らせ】 どんなときもwifiの行政指導以降、パケット無制限WiFiルーターはなくなり、パケット上限ありのサー...

販売代理店によってはパケット無制限ではない可能性も

ここで注目したいのが、販売代理店側が「データを購入している」という点です。

国内のクラウドSIMの仕組みを利用したwifiルーターサービスは、どんなときもwifiを含め当サイトで掲載しているだけでも10社以上存在します。

パケット無制限を謳っていますが、このように制限がある事業者がいる可能性があることは知っておく必要があります。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...

クラウドSIM採用のwifiルーターは様子を見たほうが良さそう

以上、クラウドSIM採用のwifiルーターは

  • トリプルキャリア対応で繋がりやすい
  • 通信障害にも強い
  • 日本国内においてはソフトバンクに依存したサービス

ということが分かりました。

しかし、日本国内においてはソフトバンクに依存したサービスとなっており、玉石混交の様相となっています。

安心できるWiFiルーターサービスはやはり日本国内においてはWiMAXが第一選択肢となるでしょう。

端末の在庫がない!申し込めるサービスがない中でUQWiMAXを勧める理由 当サイト限定法人専用UQWiMAX特別プランについては下記からどうぞ。 UQWiMAX法人専用特別プランについて 今...
パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング 【お知らせ】 どんなときもwifiの行政指導以降、パケット無制限WiFiルーターはなくなり、パケット上限ありのサー...
クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST
WiFiに関する豆知識

引っ越し先でのインターネット回線はモバイルWiFiルーターがおすすめ!固定回線は開通まで期間がかかる

2020年2月6日
GreenWaves(グリーンウェーブス)
引っ越してすぐに使いたいもの…新生活はさまざまな必要なものがありますが、まず使いたいものの一つに「インターネット」が挙げられます。  …
WiFiに関する豆知識

TikTok(ティックトック)でのパケットデータ通信量を検証!ギガ難民にならないためにWiFiルーターを検討しよう

2019年11月20日
GreenWaves(グリーンウェーブス)
次世代動画SNSサービス「TikTok」が中高生の間で大人気になっています。 15秒ないし60秒の動画を撮影して、投稿すること …