どんなときもWiFiの無制限プラン終了について
8/24 午前10時にどんなときもWiFiの無制限プラン終了がアナウンスされました。 代替プランは決してお得ではありません。 まずは他サービスと比較してみましょう。

詳細を見る

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

WiFiに関する豆知識

端末割賦代金があるクラウドSIMレンタルWiFiルーターサービスに関する注意喚起

※本記事ではサービスの批判を行うものではありません。

あくまでも利用者様が納得の上に使用していただく上ではまったく問題ありません。

最終判断はあくまでもご自身でお願いいたします。

どんなときもwifiの行政指導以降、パケット無制限を謳うレンタルWiFiルーターサービスはなくなり、パケット上限ありの新プランへ移行するものが大半となりました。

おおよそのユーザーニーズを反映し、月間上限100GBのレンタルWiFiルーターサービスが非常に多くなってきています。

違約金も安価、月額費用も3,000円程度となっており割安感が大きいですが、端末割賦代金が発生するものもあります。

本記事では、サービス解約時に多くの解約手数料を請求されないために注意すべき「特別割引」とそれに含まれる「端末割賦代金」について説明します。

違約金が安価なサービス
どこよりもWiFi
\おすすめ!/

  • 3,180円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価31.8円
  • 違約金9,500円

どこよりもWiFi記事

THE Wi-Fi

  • 3,480円/月
  • 4GB/日 月間124GB上限
  • データ単価34.8円
  • 違約金9,800円

THEWiFi記事

MUGEN Wi-Fi

  • 3,150円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価31.5円
  • 違約金5,000円~9,000円

MugenWiFi記事

違約金がないサービス

モナWi-Fi

  • 4,280円/月
  • 10GB/日 月間300GB上限
  • データ単価 15.6円
  • 違約金なし
  • クーポンコード使用で初期費用割引&月額永年200円割引

モナWiFi記事
 

ChatWiFi

  • 4,480円/月
  • 月間200GB上限
  • データ単価22.4円
  • 違約金なし
  • クーポンコード使用で月額永年200円割引

CHATWiFi記事

【FUJIWifi】

  • 4,400円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価44.0円
  • 違約金なし

フジワイファイ記事

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

その料金は本当に正規料金ですか?

※画像はイメージです。

多くの場合、レンタルWiFiルーターサービスのトップ画像はこのようになっています。

月額料金を大きく提示していますが、これは正規料金とは限りません。

中には「特別割引後」の商品価格としている場合があり、割引前の金額は非常に高額となっているケースがあります。

※端末割賦代金が発生するサービスに関しては下記ランキングで紹介していますので参考までにどうぞ。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...

特別割引の中に端末割賦代金が入っている場合が多い

※架空イメージです。

上記月額3,250円のサービスがあったとします。

契約期間は2年間、契約期間内の解約では違約金4,500円となっていたとします。

トップページ上では「月額3,250円」ですが、重要事項説明書やサイト内をよく見ると「割引後」の価格であることがわかるケースが多いです。

例えば

1-2年目

基本用料5,980円
ルーター端末代金1,000円(24回払い)
特別割引1▲3,730円
合計3,250円

3年目以降

基本用料5,980円
ルーター端末代金0円
特別割引2▲2,730円
合計3,250円

このように、基本料金は非常に高額となっており、ルーターの割賦代金がその上に加算されるため、このサービスの正規料金は月額6,980円ということになります。

これが帳尻合わせのため、▲月額3,730円割引されて上記提示料金の3,250円となっています。

端末割賦代金がある場合、中途解約での請求が高額に

それでは2年以内に上記サービスを解約したとしましょう。

違約金4,500円に加えて、端末割賦代金の残決分(1,000円×残り月数)が加算されます。

シミュレーションを行うとこのような結果となります。

端末残債違約金支払合計
1か月目24000450028500
2か月目23000450027500
3か月目22000450026500
4か月目21000450025500
5か月目20000450024500
6か月目19000450023500
7か月目18000450022500
8か月目17000450021500
9か月目16000450020500
10か月目15000450019500
11か月目14000450018500
12か月目13000450017500
13か月目12000450016500
14か月目11000450015500
15か月目10000450014500
16か月目9000450013500
17か月目8000450012500
18か月目7000450011500
19か月目6000450010500
20か月目500045009500
21か月目400045008500
22か月目300045007500
23か月目200045006500
24か月目100045005500
25か月目000
26か月目045004500

初月で解約すると、3万円近い費用を請求されることになります。

契約条件に納得していれば問題ない

ただし、下記場合は全く問題ありません。

  • 2年間の継続利用目的で契約した
  • 端末割賦代金の存在を知って契約した

リスクを考えるのであれば端末割賦代金がないサービスを選びたい

総務省の指導により違約金上限1,000円となったのは、大手3大キャリアのサービスのみです。

それに付随する関連会社格安SIMも付随して違約金上限1000円になりました。

しかし、レンタルWiFiルーターサービスに関してはそれは適用されておらず、現在も高額な違約金となっているところが多くあります。

おおよその違約金相場は「1万円程度」となっています。

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

上記のような端末割賦代金が発生するサービスを途中解約する場合、解約時の費用が端末割賦代金が発生しないサービスと比較すると「20か月利用しないと1万円以上の請求になる」ということはしっかりと把握してから契約を行いましょう。

契約行為自体は法的拘束力を持ちますので、契約時に提示される重要事項説明書はしっかりと読んで納得した上で契約を検討してください。

契約後に納得できない条件が発覚した場合、商品到着から8日以内であれば「初期契約解除制度」が使用できます。

参考:初期契約解除制度について(電波法)|総務省

契約期間内の解除料が安価もしくは縛り期間がないサービス

やはり契約時には「2年間は解約しないぞ!」と意気込んでいても、時が経るにつれて既存サービスよりもお得な新サービスが出てきて「やっぱり乗り換えたい」と思うことも大いに考えれれます。

\GoToトラベルを楽しむための選択肢/

>>記事を見る

そういった場合にはやはり中途解約費用が安価なサービスがお勧めです。

違約金が安価なサービス
どこよりもWiFi
\おすすめ!/

  • 3,180円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価31.8円
  • 違約金9,500円

どこよりもWiFi記事

THE Wi-Fi

  • 3,480円/月
  • 4GB/日 月間124GB上限
  • データ単価34.8円
  • 違約金9,800円

THEWiFi記事

MUGEN Wi-Fi

  • 3,150円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価31.5円
  • 違約金5,000円~9,000円

MugenWiFi記事

違約金がないサービス

モナWi-Fi

  • 4,280円/月
  • 10GB/日 月間300GB上限
  • データ単価 15.6円
  • 違約金なし
  • クーポンコード使用で初期費用割引&月額永年200円割引

モナWiFi記事
 

ChatWiFi

  • 4,480円/月
  • 月間200GB上限
  • データ単価22.4円
  • 違約金なし
  • クーポンコード使用で月額永年200円割引

CHATWiFi記事

【FUJIWifi】

  • 4,400円/月
  • 月間100GB上限
  • データ単価44.0円
  • 違約金なし

フジワイファイ記事

 

まとめ―契約には最大限の注意を

管理人は新サービスがリリースされるたびにそのサービスの重要事項説明書をよく読むことにしています。

当然、サービスの詳細を比較してお届けすることが当サイトの役割となっていますので当然なのですが…

多くのサービスでは「契約条件が変更される可能性があり、それについても同意を得る」という文言も盛り込まれています。

WiFiルーターをレンタルするということは「契約行為」を行うということです。

面倒でもしっかりと重要事項説明書は読みましょう。

※端末割賦代金が発生するサービスに関しては下記ランキングで紹介していますので参考までにどうぞ。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターを徹底比較!おすすめ総合ランキングはコレだ!(2020年10月版) 【お知らせ】2020年10月19日更新 人気の高い月間100GB上限のサービスまとめコンテンツを追加しました。 ...
【クラウドSIM】パケット無制限プランからパケット上限ありプランに変更したサービスまとめ 2020年9月17日追記 どんなときもwifiがパケット無制限サービスの完全終了を発表しました。 サービス終...
クラウドSIMWiFiルーターの契約に関する注意喚起 2020年8月28日更新 本記事を投稿したのが2020年4月末でしたが、状況が大きく動いてきたので更新いたします。 ...

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST
WiFiに関する豆知識

月間容量別で選ぶ!パケット上限100GB/200GB/300GB/無制限…おすすめレンタルWiFiルーターはどれだ?

2020年9月17日
GreenWaves(グリーンウェーブス)
どんなときもwifiの行政指導以降、総務省からの「パケット無制限表記是正」指示を受けて、月間使用上限を明記したレンタルWiFiルータ …