どんなときもWiFi終了について
10/31 23:59をもってどんなときもWiFiの無制限プランが終了、自動解約となりました。この騒動での管理人の所感とクラウドSIMWiFiルーターの今後について考えてみました。

記事を読む

質問・相談やお仕事のご依頼について
当サイトではご覧になられた方からの質問や相談をお受けしております。
また、寄稿や取材依頼等の仕事に関する問い合わせも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GreenWaves TIMES Vol.4 12/2 発行しました。→ココ←をタップ

学習コンテンツ

④ポケットWIFI・WiMAXをレンタルする前に確認する9つの注意点とデメリット

CM等でWiMAXやポケットWiFiといった言葉を聞くようになったことも多いのではないでしょうか。

現在、大手携帯キャリアのパケット無制限が終了し、動画コンテンツを楽しみたい人などを中心にパケット無制限のwifiルーターの人気が爆発的に高まってきています。

日を追うごとに新しいサービスがどんどん出てきてしまい、いったい何を基準に選べばいいのかわからない人も多いでしょう。

当然、契約前にはポケットWIFI・WiMAXなどWiFiルーターのデメリットを確認する必要があります。

本記事ではそんな迷えるWiFiルーター難民の方を救うべく、契約前に注意したい9個の項目について易しく解説していきます。

学習コンテンツの目次は下記を参照ください。

←前の記事
LTE方式を学ぶとWiFiルーターが選びやすくなる

次の記事→
WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIMの違い

<PR>

レンタルWiFiルーターを選ぶ上で注意すべき9個のこと

WiFiルーターを選ぶときに重要な注意点は下記の9項目です。

選ぶときに見るポイント
  1. 運営している会社
  2. 月額料金
  3. 初期費用がいくらかかるか
  4. オプション料金の有無
  5. 契約期間と解約違約金
  6. 速度制限
  7. 通信回線
  8. 海外利用は可能かどうか
  9. 通信に使う端末

重要なのは月額料金だけではありません。

デメリットについても十分確認する必要があります。

これ以外にも「日割り計算の有無」についても確認する必要があります。

モバイルWIFIルーター(ポケットWiFi・WiMAX)契約時に注意したい日割り計算とは モバイルWIFIルーターを契約する前に確認したいことは9つあります。 https://waves.greenech...

まずは順に解説していきましょう。

運営している会社はどこか?

個人的には運営会社に関してはまず一番先に確認したい項目だと考えています。

仮にそのサービスに不具合があった場合、適切なサポートをしてくれない信用のおけない会社だったら、困るのはあなたです。

サポート体制の不備で困ること
  • 解約したいのにできない
  • サポートセンターに電話が繋がらない
  • 二重請求が来た
  • 端末を返却したのに受け取り連絡がない
  • 解約したのに請求が来た

会社歴の浅いメーカーではこのようなことが起こりえます。

最近ではこの業界では通信会社以外にも、人材派遣会社などまったく違う畑の業種も参入を始めています。

「この会社、怪しそう…」

「なんだかホームページが申込ポップだらけだわ…」

そう思ったら、いくら安くてもやめる勇気を持ちましょう。

月額料金はいくらか?料金アップはないか?

次に重要なのは「月額料金」と「契約期間中の料金アップの有無」です。

月額料金は言わずもがな、十分に比較し、自分のニーズにあった安いものを選びたいですね。

比較情報に関しては当サイトをご利用ください。

パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング 【お知らせ】 どんなときもwifiの行政指導以降、パケット無制限WiFiルーターはなくなり、パケット上限ありのサー...

また、月額料金以上に注意したいのが「契約期間中の料金アップがあるかどうか」です。

例えば下記の2社に関しては25か月目から月額料金が値上がりします。

<PR>

25か月目以降料金アップのある会社
  • ネクストモバイル(月額3100円→3600円)
  • どんなときもwifi(月額3480円→3980円)

この2社は非常に良心的です。

中には1か月単位で料金がじわじわ上がるパターンもあります。

最初は安い月額料金で契約させていつの間にか正規料金になっていた…なんて契約形態のレンタルワイファイルーターはやめましょう。

今の主流は「パケット無制限・プランは一つのみ・ずっと定額」です。

初期費用がいくらかかるか

続いて重要なのが「初期費用」です。

<PR>

【公式】enひかり
☆契約期間がないから違約金なし

☆UQモバイルユーザーは月額費用割引!
【公式】おてがる光
☆契約期間がないから違約金なし

<下記から選べる特典>
☆最大12か月月額間500円引き
☆基本料金最大2か月無料
☆開通までの期間モバイルWiFi貸与
☆工事費5,000円
※期間限定のためご注意ください。

だいたいどのメーカーも「契約事務手数料」と称して初月のみ請求される費用があります。

これが初期費用です。

中には「端末設定費用」や「○○手数料」といって、法外な料金を請求してくるところもあります。

月額料金の安さにばかり気を取られているとこうしたところが見えにくくなりやすいです。

この界隈では初期費用は「3000円」が目安です。

限界突破wifiなど、契約事務手数料が無料となるところもあります。

よく確認しましょう。

オプション料金の有無

オプション費用は主に「端末補償」に関するものが多いです。

メーカーの人
メーカーの人
月額500円支払う代わりに故障した時はタダで交換してあげるよ!

ただし、紛失や盗難は対象外だからね!

という感じです。

<PR>

お好みのWiFiルーターを条件指定して検索!

タップして展開

月額費用

パケット上限

契約期間

日割り計算

データ単価

回線種類

自動更新

違約金

初期費用

端末割賦

こだわり条件を追加

これに関しては、加入するのは本人の意思に寄ります。

初月だけ必須加入というものも存在します。

この「オプション」を強制加入させるメーカーはやめましょう。

なんのために月額費用が安いのかわからなくなります。

このほか、ウィルスチェックや出張サポート、電話サポートなど、「もしも」に備えたサービスが多く存在します。

…ちなにみ私は壊れたりしたら自分で何とかするので一切オプションには入っておりません。

契約期間に縛りがあるか?解約違約金は?

2019年10月から大手携帯キャリアの解約違約金が1000円以下になりました。

これは2年間=24か月間の契約を約束する代わりに月額費用を安くする、期間内の解約では

メーカーの人
メーカーの人
約束が違うじゃないか!罰金だ!

といって1万円近くの「解約違約金」を請求するのが通例だったのを総務省が覆した形です。

しかし、この話はレンタルWiFiルーター業界にまでは及んでいません。

<解約違約金の例>

運営会社株式会社グッドラック
月額料金3100円/月
料金アップ25か月目~3600円/月
初期費用3000円
契約期間24か月
解約違約金0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
26ヶ月以降(更新月以外)9,500円(税抜)
速度制限なし
通信回線ソフトバンク回線
海外利用不可
通信端末富士ソフト製FS030W

残念ながら現在でも「2年縛り」の契約形態の会社が大多数を占めます。

こういう契約形態の場合、解約違約金がかからないのは契約更新月のみになります。

2年縛りのメーカーであれば25か月目のみ解約違約金がかかりません。

0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25か月目 解約違約金無料

26ヶ月以降(更新月以外)9,500円(税抜)

もし2年以内に解約する可能性があるのであれば、解約違約金が安い、もしくは稀有ですが解約違約金がない=契約期間に縛りのないものを選ぶようにしましょう。

解約違約金がないメーカー
ここにボックスタイトルを入力

参考:あなたにピッタリのレンタルwifiルーターの選び方【WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIM】

速度制限(通信上限)は存在するのか?

速度制限は「一定期間に一定量以上のパケット通信をした際」にかかります。

例えば有名な例でいえば「パケット無制限!」を謳っているUQWiMAXは3日間で10GB以上使用すると通信制限がかかります。

このようにパケット無制限を謳っていても「短期間での通信量に制限がある場合」があります。

これは下記の3タイプに分けることが出来ます。

通信上限による分類

  1. 短期間の通信量に制限があるが月間通信上限がないタイプ
  2. 短期間の通信量に制限があるが月間通信量に上限があるタイプ
  3. 短期・月間ともに通信量に上限のないパケット無制限タイプ

※短期間の通信量=1日or3日間での通信量

①短期間の通信量に制限があるが月間通信上限がないタイプ

これはWiMAXやポケットWiFiがそれにあたります。

また、縛りなしWIFI等のサービスもこれにあたります。

※縛りなしWIFIの1日通信上限は2GB

②短期間の通信量に制限があるが月間通信量に上限があるタイプ

最近出てきたタイプです。

月間通信量に上限があるけど、1日どれくらい使っても問題ないタイプですね。

この界隈ではフジワイファイの「25GB/50GBプラン」が有名です。

【公式】【FUJIWifi】

③短期・月間ともに通信量に上限のないパケット無制限タイプ

これも最近出てきたタイプです。

本当の意味でのパケット無制限wifiルーターですね。

固定回線の代わりにもなりうる優れたものです。

通信回線は何を使っているのか?

WiFiルーターを選ぶときに重要なのが何の回線を使っているかということです。

回線別WiFiルーターの種類
  1. ドコモ回線を使用(固有名称なし)
  2. au回線を使用(WiMAX)
  3. ソフトバンク回線を使用(ポケットWIFI)
  4. クラウドSIMを採用(固有名称なし)

このように4種類に分類することが出来ます。

使用するキャリア回線によって固有名称が違います。

WiMAXと言えばau回線を使用したもの、ポケットWIFIと言えばソフトバンク回線を使用したwifiルーターになります。

そのほか、数は少ないですがドコモ回線を使用したものもあります。

最近出てきたのがクラウドSIMという次世代通信方式を採用したwifiルーターです。

これはあなたが今いる場所で最も繋がりやすい回線をドコモ・au・ソフトバンク回線の中から自動で選択して通信できるという仕組みになっています。

参考:【仕組みを解説】クラウドSIM採用のwifiルーターが通信障害に強い理由とは

WiMAXは通信速度が速い(といわれている)半面、建物や地下鉄で繋がりにくいというデメリットが存在します。

これに関しては解決するすべがありませんので、当サイトではWiMAXは紹介していません。

海外利用は可能かどうか

通常のWiFiルーターであれば使用できるのは国内のみですが、クラウドSIMという仕組みを使った次世代通信方式のWiFiルーターでは、そのまま海外へ持っていても通信することが可能です。

ただし、海外旅行や海外出張ニーズが多い方以外はあまり気にしなくてもいい項目でしょう。

参考:【仕組みを解説】クラウドSIM採用のwifiルーターが通信障害に強い理由とは

通信に使う端末は何か

端末を使う上で見なくてはいけないポイントは「同時接続台数」です。

これは自宅でホームルーター代わりに使うというニーズを満たすときに重要になってきます。

また、会議やイベント等で大人数で使うことがある際も注意してみなくてはいけません。

そういったニーズの場合、同時接続台数が5台だったらまったく使えません。

連続通信可能時間も重要になってきます。

参考:パケット無制限WiFiルーター端末の仕様を比較してみよう【FS030W/G4/G3/U2s/jetfonP6】

まとめ

少しボリュームのある内容でしたが、いかがでしたか?

これであなたもばっちりWiFiルーターを選ぶことが出来ます。

こういう知識って大事ですよね。

日割り計算の有無についても確認してください。

モバイルWIFIルーター(ポケットWiFi・WiMAX)契約時に注意したい日割り計算とは モバイルWIFIルーターを契約する前に確認したいことは9つあります。 https://waves.greenech...

損をしないWiFiルーターを選びをこれからも手助けさせてください♪

←前の記事
LTE方式を学ぶとWiFiルーターが選びやすくなる

次の記事→
WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIMの違い

グリーンエコーズスタジオ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

 

管理人への質問意見は問い合わせフォームもしくはツイッターのリプライもしくはDMからご連絡ください!

GreenEchoes Studio代表
Ryosuke Kawamura
インターネット回線総合サイトGreenWavesの管理運営を行っています。GreenEchoes Studio代表。すべてのコンテンツの作成を担当。当サイトは新潟市にある「GreenEchoes Studio」が運営しています。
当サイトの運営について

当サイトはウェブサイト運営を事業として行っているため、成果型報酬広告(アフィリエイトプログラム)を用いて収益化を図っております。

詳細について知りたい方は運営ポリシーをご覧下さい。

運営ポリシー

RELATED POST